【記事】ワイヤーカット活用の部品製作②「多面への複数回加工」

ワイヤーカット機


ワイヤーカットといえば、金型製作などで使用する場合も多いですが、 単品の部品製作においては複雑な形状を加工できるだけではなく、生産性・コスト改善にも繋がります。今回は、「多面への複数回加工」をご紹介します。

多面への複数回加工

1面に対して切り抜くだけではなく、2面以上ワイヤーカットで切り抜くことでより複雑な形状加工を実現できます。
マシニング加工と共通して、加工物をどう抑えるかが加工者の工夫次第です。


※上記の内容は、ご利用の設備や形状により条件が異なりますので、参考としてご理解下さい。

おススメの関連ページ

お問合せはこちら