1. HOME
  2. ブログ
  3. ワイヤーカット
  4. 【記事】ワイヤーカット活用の部品製作①「 外形状への切り抜き」

article

記事一覧

ワイヤーカット

【記事】ワイヤーカット活用の部品製作①「 外形状への切り抜き」

ワイヤーカット機


ワイヤーカットといえば、金型製作などで使用する場合も多いですが、単品の部品製作においては複雑な形状を加工できるだけではなく、生産性・コスト改善にも繋がります。今回は、「外形状への切り抜き」をご紹介します。

外形状への切り抜き

弊社では一番活用する機会の多い切り抜きです。
外周が四角、円以外の異形状は意外と多く、ジグザクしたものから円を二つに割ったようなもの、半円弧状など様々です。
マシニング加工だとひと手間かかりそうな加工ですが、ワイヤーカットは外周形状にとらわれず一面一工程で切り抜けます。

ご質問
ご質問

レーザーカットとの違いは何でしょうか?

主な違いは材質と精度です。
ワイヤーカットは主に伝導性のある材質を精度高く加工できます。
一方、レーザーカットは木材など金属以外も加工でき、ワイヤーカットより精度は劣りますが早く加工できます。
精度を考慮するならば、ワイヤーカットとの相性は非常にいいです。

お返事
お返事

※上記の内容は、ご利用の設備や形状により条件が異なりますので、参考としてご理解下さい。

【記事】ワイヤーカット活用の製品製作②~④はこちら

  • 【設備導入】ロボドリル2台を新たに導入いたしました!

    10月24日に新たにロボドリル2台を導入いたしました! 場所は、これまで弊社で” 型場 ”の愛称で親しまれていた技術室です。先週より早速元気に稼働しております! 需要増加の傾向にある半導体関連生産だけ…

  • 【記事】約1メートルの部品も簡単に貼り付け作業ができる治具!

    弊社では、自社で構想した治具を設計製作しております。30年以上社内生産ラインでも活用してきたノウハウがあり、作業者のやりすさを重視しています。 今回は自社でASSYしている量産品の効率化を図るために作…

  • 【記事】製作からケース梱包までカスタムゲージ!

    弊社では、自社で構想した治具を設計製作しております。様々な治具をご紹介しております。30年以上社内生産ラインでも活用してきたノウハウを活かし、作業者のやりすさを重視しています。 今回は、電線管の衝撃、…

おススメの関連ページ

お問合せはこちら


    関連記事